旬やさいの里

有限会社ジュントオルは、平成29年4月から業務の一部に農業を加えた。
また、栽培した農作物を活用し加工品(ジュース、漬物、パン)を製造・販売する。
さらに、商売の学校(商学校)の新商品開発実習で旬やさいの里を利用する。
   

■ビジョン
●赤ちゃんにも安心して食べさせられる健全な野菜を提供する。

■コンセプト
●旬やさいの里は化学農薬や化学肥料を使わず、次のような方法で野菜を栽培する。
①隣接する田から侵入する化学農薬や化学肥料を含んだ水を防ぐ溝を掘る。
②溝から3m空けて作物を栽培する。
③太陽熱を活用して土の中を熱消毒する。
④害虫のふ化と雑草の発芽を押さえるビニールマルチを使用する。
⑤害虫による食害から野菜を守るため、混植(コンパニオンプランツ)する。
⑥害虫を捕食する天敵の棲み家となるおとり植物(バンカープランツ)を混植する。
⑦野菜を害虫から守るため、防虫ネットで侵入を防ぐ。
⑧害虫が発生した場合は、人が食べる食材でつくった無農薬農薬で駆除する。
⑨モグラの侵入を防ぐペットボトル風車を使用する。
⑩人為的に捕殺する。

今後は、「宅配サービス」や「協働栽培サービス」を提供する。

旬やさいの里ホームページ

旬やさいの里 店舗内のストリートビュー