生活者が楽しく生活するための役に立つ商品・サービスを開発しよう!

販促ツール制作講座

  • HOME »
  • 販促ツール制作講座

お客様の感情を動かし行動を促すために

多くの生活者でもあるお客様はモノやコトが欲しいのではなく…
自分の生活を変える”体験”を求めています。実は、わたしもそうです。

☑人は、感情を動かさずに行動しません
辞書によれば感情とは、物事に感じて起こる気持ち。外界の刺激の感覚や観念によって引き起こされる、ある対象に対する態度や価値づけ。快・不快、好き・嫌い、恐怖、怒りなど。と書かれています。
感情の変化なくして行動することはない、ということです。

☑人の感情を動かすためには?
わたしは学者ではありませんので小難しいことはわかりません。が、わたし自身が感情を動かしているのは五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を動かされときだと思っています。特に視覚です。
「あれスゴイ!」「あれ変わっている!」「あれ面白い!」「あれ楽しそう!」とか、「目が欲しくなっている」とか。つまり、目で見たものを欲しくなったりしています。
2番目が収穫。臭いに釣られて店内に入ることは多いです^^
こんな風に、多くの人は五感を動かされると同時に購買する行動へとつながっていくのではないでしょうか? ということは…

☑販促ツールで五感をくすぐる!
わたしと同じように、多くの人は五感の中でも特に目に見えるモノに反応しやすいわけです。なので、例えば①お店の目お前を通り過ぎていく人の足を止めさせるために”のぼり旗”を使います。②のぼり旗に気付いてお店の前で足を止めた人を店内に誘導させるために”店頭ボード(A型看板)”を使います。③店頭ボードに誘導されて店内に入ってきた人の購買欲を高めるために試飲や試食、お試し体験などを提供し販売や成約につなげます。
商学校ではこうした一連の流れを『売れるしくみ』と言っています。

販促ツールを制作します

☑オリジナル販促ツールでお客様を呼び込む!
市販の販促ツールは大量生産のため安価で購入することができます。が、同業者なら日本全国のだれもが使えます。『だれでも使える』市販の販促ツールは、お店や会社の個性や独自性は無視され人の感情を動かすようなインパクトがありません。
商品購買欲を高めサービスのご依頼につなげるためには、地域の環境や文化に触れながら育った生活者に合う販促ツールが必要です。
販促ツール制作講座では、受講者さんの地域で生活している人たちがお店や会社の前で”スッと”足を止め、違和感なく店内に入ってきてくれる、そういうのぼり旗や店頭ボードを他の受講者さんと一緒に考えながらつくります。もちろんキャッチコピーも、受講者さんのお店や会社だからこそ使えるものを同時に考えてつくります。

 

商学校 受講受付け中

第二期(2018年10月~2019年9月)受講受付
現在、商学校第二期(2018年10月~2019年9月)の受講受付をしています。
詳しくは、募集要項ページをご覧ください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0282-28-1601 8:30~18:30

PAGETOP
Copyright © 創業、経営を支援する商売の学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.