仕事につながらないイベント出店はやめよう!

イベントで「安く売ってくれて”いい人”ですね!」といわれる。
でも… 本業の仕事につながらない。
そういう残念な人になっている起業・創業者がスゴく多いです。

☑「実店舗で販売している商品を買ってもらいたい!」
☑「身に付けた○○技術やサービスを提供したい!」
☑「国家資格を取った仕事で役に立ちたい!」

イベントに出店する多くの起業・創業者は強い思いはあります。が、思いは空回りして成果につながっていません。
それは…

☑成果につながる明確なイメージをつくれていません。
☑イベントに出店する目的を決めていません。
☑目的を達成させるための目標を立てていません。

イベント出店で『安く売ってくれる”いい人”ですね!』といわれ、仕事につながらない人で終わらせないための【イベント出店攻略法】をご案内します。

仕事につながらない人は、次のことができていません。

1.成果につながる明確なイメージをつくろう!
ここでいう成果とは、実店舗に来店客を呼び込んだり、商品の販売やサービスを成約させることです。

イベントは、来場者に”非日常体験”してもらう場であり、新商品や新サービスをお披露目する場所です。
いつもお店で売っている商品を出品して”売り込み”する場ではありません。
『いつもの商品』では、来場する人にイベントならではのワクワク感や感動を与えられません。

谷田貝メソッド承継者養成講座では、成果につながる明確なイメージの決め方を学んでいただきます。

2.イベントに出店する目的を決めましょう!
●最近のイベントを見ていると、商品を販売するために出店しているお店や会社さんが多いです。
・大手のお店や会社さんは、日頃のお礼と新商品のお披露目を目的に出品されています。
・新商品やサービスを開発するためのリサーチをしています。
・新商品やサービスを開発するためのリサーチは、小さいお店や会社さんにもできます。
※『売ること』を目的とせず、実店舗に新規の来店客を呼び込むやり方もあります。

たとえばこういうことを目的にすることで、実店舗に新規の来店客を呼び込めます。

①お試し(試食や体験)によって個人情報を集める。
②実店舗で開催するセールやイベントに招待する。
③公共施設を使った体験教室や講座参加者を募る。
④新規客限定の本業サービスで早期予約を受け付ける。

谷田貝メソッド承継 指導者養成講座では、イベントに出店する目的の決め方を学んでいただきます。

3.目的を達成させるための目標を立てましょう!
●ここでいう『目標』とは、『イベント出店を通じて得たい成果』です。
・『だれ』に『なに』を『どれくらい』という数字で目標計画を立てます。
・目標を明確に設定することで、当日までに準備することややるべきことが決まります。

思うとおりの成果につなげるためには、当日のイベントでやることも決めておきます。
行き当たりばったりでは、『思うとおりの成果』は得られません。

『思うとおりの成果』を得るために、イベント当日、次のことをします。

①気付き
②動機付け
③販売・受注

①気付き
●イベントに来場する人を自分のブースに集めるためにツールを使う。
・目で視てわかる「のぼり旗」や「店頭ボード(A型看板)」を使ってみる。
・耳で聞いてわかる音楽を流す。
・鼻で嗅いでわかる焼き物・煮物・茹で物を調理する。
・友人や知り合い、既存客が遊びに来る仕掛けをつくる。

②動機付け
●ブースに呼び寄せた来店者の購買欲を高める。
・訊いてみたくなるPOP(店内広告)を用意する。
・食べたく(体感したく)なるものを準備する。
・口でわかる試食を用意する。
・肌でわかるお試し体験サービスを提供する。

③販売・受注
●購入しやすい提供方式をつくる。
・大・中・小の器に分け、松竹梅料金で販売する。
・実店舗に新規で来店したくなる特典サービスを用意する。
・おせち料理や宴会、素敵女子会などの予約を受け付ける。
・提供しているサービス(ネイルや整体)の予約を受け付ける。

谷田貝メソッド承継者養成講座では、イベントに出店する目標の決め方を学んでいただきます。

地域にいる生活者と出会いつながるイベント出店の方法とは

来場者が今すぐ欲しいものを目の前で見せびらかす!

谷田貝メソッド承継者養成講座 受講受付け中

第1期(2018年10月~2019年9月)受講受付
現在、谷田貝メソッド承継者養成講座(2018年10月~2019年9月)の受講受付をしています。
詳しくは、募集要項ページをご覧ください。