受けたい体験、訊きたい講座を企画する!

多くの人は”楽しい!面白い!変わっている!”ことに興味を持ちます。
なので、

●「今すぐやってみたい!」
●「だれよりも先にやらせて!」
●「嵐になっても中止しないで!」
●「お金の問題じゃないから!」

こんなふうに熱狂的な参加者が集まってくる【楽しい!面白い!変わっている!企画】を立てればいいわけです。

体験教室や講座の企画は主催者側で考えない!

主催者側のやらせたい体験や聞かせたい講座に集まる人はいません。たぶん。
なので、
体験教室や講座の企画は主催者側で考えないほうがいいです。
では、どうするか…

☑身近にいる人に訊く!
身近にいる人というのは家族です。親戚や友達、スタッフや既存客です。
こうした身近にいる人の声を訊くという簡単なことを多くの人はやっていません。

身近にいる家族の声を訊き、親戚や友達、スタッフや既存客の声を訊いたら、家族にも友達や会社の人の声を訊いてもらい、同じように、親戚や友達、スタッフや既存客の親戚や友達の声を訊いてもらうのです。
こうしたやり方ではお金がかからないだけではなく【本音の生の声】が聞けるのです。

多くの人は自分とは係わりの薄い通行人などからアンケートを取っています。が、日本人はその場しのぎで【体裁のいいウソつき】ですキッパリ!
なので、
ぜひ、身近にいる人から【本音の生の声】をリサーチしましょう!

商学校では、初めての体験教室・講座でも満席にする企画のつくり方を学んでいただきます。また、“お客様目線を養う”ため、実際のイベント出店や商店街(鎌倉・小町通商店街、川越・大正ロマン通り・菓子屋横丁、巣鴨地蔵通り商店街など)を視察しています。
ホームページやブログ、SNSや動画などの無料ツールの使い方も指導しています。

商学校 受講受付け中

第二期(2018年10月~2019年9月)受講受付
現在、商学校第二期(2018年10月~2019年9月)の受講受付をしています。
詳しくは、募集要項ページをご覧ください。